このメニューではクレジットカードヒストリーについてお届けしています。
<お役立ち情報>クレジットカードヒストリーには注意をしておきたい

<お役立ち情報>クレジットカードヒストリーには注意をしておきたい


<お役立ち情報>クレジットカードヒストリーには注意をしておきたい
まだまだクレジットカードを利用することの出来ない店舗がありますが、それでも都心部ではかなり少なくなってきています。
つまり日常生活で必要な支払い全てをクレジットカードを利用出来るので、お得な生活を実現することが出来るワケです。 年収が700万円!しかし、過去にクレジットカードの返済事故を起こしていると、審査が厳しくなります。
逆に多少属性が弱かったとしても良好なクレジットヒストリーがあれば審査を通過する可能性が高くなるのです。

個人信用情報機関に登録されているクレジットカードヒストリーは、申し込み者の実績を証明する動かぬ証拠です。
クレジットカード申込書に記入をした内容というのは申込者の自己申告なので、ほとんどが裏付を取ることが出来ないことからクレジットヒストリーが重要となるのです。クレジットヒストリーというのはこれまでにクレジットカードを利用した履歴のこととなります。
自社や他社を問わずクレジットカードの審査を実施する時にはこのクレジットヒストリーが重要な審査項目となるのです。



<お役立ち情報>クレジットカードヒストリーには注意をしておきたいブログ:17/6/26

今日は、コーヒーを飲みながら、書いてます。

消費するカロリーが、
食べ物を食べることによる摂取カロリーを超えれば、
今体質に溜まっている脂肪分を使って、エネルギーを作るわけですから、
痩せるに決まっている!

おそらくこの減量のメカニズムは、
みなさんは既にご存知ですよね?

ところが、頭ではわかっていても、
実際に実行することはなかなか難しい…

そこには、
「減量したい!」という気持ちを上回る
「何か」があるのではないでしょうか?

例えば…
甘いもの好きの人の目の前にケーキが出されれば、
減量していても、
どうしても手が伸びてしまうのでは?

減量って、
目の前に先ほどのケーキみたいに、
ニンジンがぶら下がっていないことが多いんですよね。

ですから、
減量に成功した場合のイメージがしにくいんです!

もともとボクたちには、食欲があります。
視覚とこの食欲が直結してしまうから、
減量中でも、
「いけない」とは思いつつも、食べてしまうわけです。

減量をしようと思ったきっかけには、
「元の体型に戻したいから」とか
「着たい服を着られるようになりたいから」とか…
いろんな理由があるはずです。

そのことをイメージするようなものを
目の前に飾ってみてはいかがでしょうか?

例えば、
昔の戻りたい時代の写真を張り付ける
もしくは、着たい洋服を入らなくても購入して、目の前に飾る…
こうすることで、「どうしても痩せたい!」という気持ちを高めてみましょう。

減量はカロリーコントロールが上手くいけば、
気持ちで負けてしまうことがない限り、確実に痩せることができるんです!
ですから、気持ちのコントロールも忘れないようにしましょう!

ニンニン
<お役立ち情報>クレジットカードヒストリーには注意をしておきたい

<お役立ち情報>クレジットカードヒストリーには注意をしておきたい

★メニュー

<お役立ち情報>在籍確認が審査時に実施される
<お役立ち情報>クレジットカードヒストリーには注意をしておきたい
<お役立ち情報>車を運転している人にお得なクレジットカード
<お役立ち情報>お得なマイルやポイントがどんどん貯まる
<お役立ち情報>全国のファミリーマートで利用出来るファミマTカード
<お役立ち情報>プライオリティ・パスの会員に無料でなれる楽天カード
<お役立ち情報>クレジットカードの魅力を知っておこう
<お役立ち情報>お金の無い時に出費が発生したらキャッシング
<お役立ち情報>クレジットカードには様々な保険が付帯されている
<お役立ち情報>最近では永久的にポイントを貯めておくことが出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)使えばわかります!このクレジットカードのお得さ